記念の日だから思い出に残したくて

私はなにか記念日があるとフォトブックを作るようにしています。

はじめにフォトブックをお願いしたのは結婚式の時でした。
大きな人生の岐路だったので奮発してプロの方にお願いしたのを覚えています。それからは子供が生まれた時や誕生日、結婚記念日などの写真でフォトブックを作るようになりました。

それは色褪せる思い出はあっても写真は思い出をしっかりと残してくれるからです。中でもフォトブックを専門としたお店やネットショップなどで注文をするとプロの写真集の様な仕上がりになるのがとても気に入っています。

自分でコラージュを楽しむのもいいと思うのですが、フォトブックの専門店で注文をするとその写真の中にストーリーを作ってくれるのがとても好きです。まるで絵本の様なストーリーが横に言葉を付け足したくなるようなそんな気分にさせてくれますね。実際に言葉を入れたり出来るのがすごく私は気に入っています。お気に入りの言葉とか忘れたくない言葉を写真と一緒に残せるのがいいですね。

そして自分のこだわりなのですが、表紙を同じものにしています。
そして題名の様に並べた時に分かるようにしています。
いろんな演出であったり物語の様なものはやはりプロの方にしか出来ない作業なのではないかと思います。

そして、子供が自分たちの小さな頃、私達がどうやって結婚してあなた達がどうやって育って来たのかと言う思い出を本当にドラマチックな演出で残してもらえるのがとてもいいなと思います。

デメリットとして、私は特に感じませんが主人から記念日が増えたのではないかという指摘を受けますね。でも、主人は写真が趣味なのでこういった思い出の残し方に対しては悪くは思っていません。

こういったフォトブックをずっと私達がおじいちゃんおばあちゃんになるまでずっと続けていければいいなと思います。そうやっていつまでも初心を忘れないように毎日を送っていければいいのになって言うためにフォトブックは私にはとても大事なものです。