思い出がいつまでものこるように

フォトブックを活用し始めたのは友達の誕生日記念でした。
何かずっと残るもので、かつ思い出がたくさん詰まったものをあげたいと思いました。
フォトブックのことは前々から知っていましたが、高そうなイメージがあり手を出せませんでした。
しかし、フォトブックを作ったことのある友達から簡単で安価ということを聞き、ネットで検索をしてフォトブックを作りました。
友達はカメラ屋さんで作ったと言っていたのでカメラ屋さんで写真を選んだり構成を考えたりするのは大変だなと思っていましたが、ネットで検索するとネット上で写真をアップし、そのまま注文する事ができました。
また、フォトブックの大きさも小さいものから大きいものまで選ぶことができたので、用途によって変えることができるのも良い点だと思いました。
友達には今までの思い出の写真を載せつつ、言葉を添えたり構成を考えることができました。
とても喜んでもらうことができて、フォトブックはこれからもっと活用していこうと思いました。
悪い点としては、フォトブックの会社名が大きく載ってしまうことです。裏表紙などに会社名が大きく、またロゴも載るので表紙から裏表紙まで構成やデザインを考えられるのに残念な気持ちになります。
その他には結婚式のまとめフォトブックを作りました。
結婚式、披露宴の延長でフォトブックのサービスを行っている結婚業界も数多いと思いますが、その値段はとても高いのが実際のところです。
ページの厚さや写真の解像度、色合いなどの調整ができるので高級感のあるフォトブックを作ることも可能なのはとても良いと思います。
それに、同じものを何冊も注文でき、その数が多ければ多いほど割引もしてもらえるので、譲渡品などにもいいと思いました。
安価で小さなものから、高級感あるものまでそのフォトブックの出来幅が広いのでこれからの写真の保存は現像ではなくフォトブックでまとめていこうかと考えています。早速新婚旅行のまとめフォトブックを作りました。これからも同じサイズで作っていきたいと思います。