中国でも作れるフォトブック

私は現在30代の男性です。結婚して2年になります。結婚する前から、中国に留学しており、現在では妻と一緒にそのまま中国で生活しています。今日は、結婚したときに、中国でフォトブックの作成をお願いしました。その際の体験を簡単に記したいと思います。

 

日本でも最近ではネットなどを通してフォトブックを作成することができます。中国で多くの人が利用しているのが、結婚するカップルを対象にしたフォトブックです。これは、新婚のカップルのために海辺や公園などへ行き、ウエディングドレスなどでドレスアップして、写真を撮り、それをフォトブックにしてもらえるというサービスです。

 

中国ではほとんどのカップルがこうした写真を撮ります。それで、街のあちこちにそうした写真屋さんがあります。私たちも結婚した時に、実際に体験してみました。お店に行くと、どんなコースがいいかを選びます。安くて500元(約8000円)から高いのでは1000元(約16000円)で値段に応じて、コースを選ぶことができます。何が違うのかというと、高いコースでは5つくらいの場所で、それぞれ衣装をチェンジして撮影することができ、仕上がりの枚数も多いという違いがあります。

 

私たちが選んだのは一番安いコースです。とはいえ、安くても3つの場所で撮影しました。1つは海岸でした。ここではウエディングドレスを着て、私はタキシードを着て撮影しました。撮影時間はおよそ30分ほどです。もちろんメイクもしてくれます。次に撮影したのは、ホテルのプールサイドでした。衣装は着替えて、ちょっとしたドレスを着て、ホテルに似合うような格好で撮影しました。3つ目はスタジオでの撮影でした。

 

実際に、出来上がったフォトブックは日本のものに比べると、ちょっと作りは簡素で、安っぽかったですが、写真はどれもきれいでちょっとしたモデルさんのような感じの写真の仕上がりだったので、良い記念になったと思います。日本ではなかなか味わえない面白い体験でした。